買い物依存症

買わない生活

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/季節の変わり目は、思いっきりよく!

便利な状態だと、どんどんモノが増え、不便になると、どんどんモノが減ります。逆なような気がしますよね。あっているんです、これで。不便を感じて、かつ買い物ができない状態だとすると、あるモノを何とか活かそうとするんです。あなたの生活は今便利すぎるから、どんどんモノが増えているんですよ!ちょっと不便を感じてみてください。
片づけなくていい家

収納カオスにならないために

何でも収納に頼ると、無駄な持ち物も無駄な買い物も増えます。適量は、戦後のまだモノが溢れかえっていない時代の日本人の家を想像するといいでしょう。押入れは、本来布団を入れるためのもの。押入れに、ハンガーラックを設置し、収納ケースを入れ…では持ち過ぎです。そのハンガーラックも収納ケースもタダではありませんよ。
お金の話

必要なものだけにお金を払うのは気持ちいい!

一瞬でも支払いの心配をしたのなら、その買い物は自分にとって絶対的に必要だったものとは言えません。本当に必要なモノを買うときにケチって、1番欲しいモノを諦めずに済むためにも、普段から本当に必要なものだけを買う暮らしに慣れている方がいいです。
持たない暮らし

ミニマリストになったら、本当の帽子好きになった

数を絞った方が全てのアイテムを使えて、かえっておしゃれな暮らしを送れます。たくさん洋服はあるけど、毎朝着る服がない病気からそろそろ本気で卒業しませんか?
買わない生活

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/あるモノを使う

何故もうたくさん持っているのに、まだ買いたいと思うのか自分で考えたことありますか?わたしたちの“普通”は周りからの影響をかなり受けています。自分で何故買いたいのか、何故ブランド物を持たなくてはいけないのか、何故人にいい恰好をしなくてはいけないのか、日ごろから自分と向き合っていないと、いつまで経っても不幸が続きます。買わなくても平気になるのが、一番幸せへの最短ルートです。
片づけなくていい家

貰ってしまった物は、その日の内に使い始める

自分の暮らしが裕福でお金がありあまっていると感じているのならいいのですが、お給料が安いやら、旦那のボーナスがカットされたやら、子どもの教育費がかさむなど、文句ばっかり言っているくせに、使わないものを買いこむのは何故でしょうか?ストレス発散のつもりかもしれませんが、お金の対価としてモノが手に入った瞬間にアドレナリンが出ているだけですよ?
買わない生活

道具を揃える必要はありません

バランスよく、行動も起こしながら道具も揃えるのはいいですが、何も始めていない段階から道具を買いあさるのは絶対に辞めた方がいいです。それにし始めは、アドレナリンが出ていて、何でもできそうな気がしますが、続きません。続いてから買えばいいのです。お菓子作り、もうしていないのなら、道具は手放してくださいね。
持たない暮らし

情熱やこだわりを加減する

ありとあらゆることに言えますが、自分の執着もこだわりも夢も一旦忘れてしまってもいい人もいます。考えすぎる人は、常にネガティブに思考が働くことに脳が慣れてしまって、切り替えができなくなるからです。自分を冷たい人間だと思わずに、家族のこと友だちのこと仕事のこと子どものこと、ちょっと情熱をさじ加減して楽に生きてください。
買わない生活

ファッションリーダー気取りをやめる

流行は、雑誌社が作ります。毎年同じようなコーディネートだとモノが売れないから、雑誌が先頭を切って、今年のトレンドを作るのです。その仕掛けにまんまとひっかかって、洋服ダンスがパンクしている人、ばかばかしい買い物だと思いませんか?自分流をそろそろ見つけないと、痛い老人になりますよ。
ミニマリスト

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/物への執着がなくなる

わたしの家族は、自分の思い通りにならないととても攻撃的になります。部屋をきれいに保ちたいのはわかりますが、動物がおそそしたり壊したりすると、動物への愛よりモノを壊された怒りの方が勝つのです。所詮物に振り回されて、家族をないがしろにする。何のための心地よい快適な家なのか考えてください。
タイトルとURLをコピーしました