2021-01

片づけなくていい家

部屋がきれいだと、命を守れる

地震大国・日本で、物に囲まれて暮らさないのは、命を守ることでもあります。自分が持ち過ぎている物で、どれだけ自分の命を危険にさらしているのか考えたら、捨てられませんか?所詮物は物です。
買わない生活

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/ストックを減らす

家関係の仕事をしています。家を案内するたびに、「収納が~収納が~。」というお客様がほとんど。収納スペースが少ないのが嫌で、他の条件はバッチリなのにその家を買わない人までいます。その時に、「物を減らしてみよう。」という発想にならないのが、考えが固執しているということです。まずは量を減らす。そして楽な人生にしてください。
お金の話

“相手に悪いから買う”をやめる

月に2回、整骨院に通っています。 月6回運動して、月2回体をメンテナンスするというルーティーンで最近仕上がっています。 お金のさじ加減を大事にする 家事も仕事もすることも着る服も、ルーティーン化することによって...
ミニマリスト

借りた物はさっさと返す

借りた物を忘れ去って返さない。これは物のことを適当に扱っている証拠です。もしくは数がありすぎて把握できていないという基準になります。借り物を、人の気持ちを考えず持ち続けることは人のためになっていません。自分がしたことは必ずどこかから返ってくるという観点からも、さっさと持ち主に還しましょう。自分の家が汚いのに、人の物まで入れこんで余計に汚くする意味なんてどこにもありません。
捨てる

無理矢理使っている物を捨てる

もったいないからという理由で本当は使いたくないのに使っている物って結構あると思います。ただ、それを自分の愛する人にもするかどうか考えてみてください。人にはしないことを自分にしている人は、自己肯定感が低くないか要チェックです。自分にも人にするくらい親切に。そしてマインドフルネスな毎日を送ってください。
お金の話

損をしたくない人は、ここから練習

損をしたくないと強く思えば思うほど、損する事例に焦点をあててしまい、ますます損している気分になります。また、損をしたくないがゆえに、自分の行動を狭めたりするので、結局大損します。その気持ちを軽減するだけで、物も素直に手放せるようになります。
持たない暮らし

定期購買の時期をずらした

日本の家はとにかく小さいです。4LDKなんて言っても、一部屋が5畳だったり4畳だったり。そんな狭い家を、どう広く使うのか。ミニマリズム思考と関係します。
持たない暮らし

空間がありすぎて、焦りません

子育て中のママさんからは、忙しい、時間が無いとよく聞きます。果たして本当に時間はないのでしょうか。やらなくていいことをして、自分で時間貧乏になっていませんか?関係ないと思われがちな物をどうにかすると、生活が瞬く間に楽になり見違えます。
ミニマリスト

毎日、仲人をして物を減らす

なんでもかんでもなくては不安という人は、心のごみに目を向けた方がいいです。何故自分が物を集めてしまうのか、何故手放せないのか。
捨てる

熟考せず買った物は、いずれいらなくなる

クローゼットから収納ケースを出したついでに、家の中から不要な物をどんどん出している最中です。 自分のいる・いらないを判断しているうちに気づきましたが、もらった物は全部いらないと思っているようです、わたし。 こだわりを...
タイトルとURLをコピーしました