2021-06

ミニマリスト

自分の命日を決めてみた

死をイメージせずに生きる人とは、目標を持たずになんとなく生きてしまう人です。そんな人が、ある日突然亡くなったりすると、この世に未練や執着だらけになります。ある程度、道筋を自分で決めておくと、未練や執着もうまく手放せるようになります。
お金の話

簡単に定期的に、床拭きする方法

できないことを必要上に「できない!」と公言する人っていますが、自分で自分に制限をかけているって気づいていますか?成功している人は、自分に制限をかけません。嫌な思い込みを手放せな人は、頑固な思考で、またそれを繰り返し続けるという継続力を持った人です。なら、その思い込みを自分の都合のいい方へ傾ければ済む話です。
ミニマリスト

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/旅先でも5捨は断じて守る

禁煙もダイエットも、やめてしまうと、次再開するのにかなり重い腰をあげる羽目になります。ゆるゆるとでも、完璧にやめてしまわない生活を続けている方が、夢が実現しやすいのは本当のことだと思います。
持たない暮らし

名刺は手に取って顔を思い出す人だけ

名刺100枚作るのに3~5,000円かかります。昔はばら撒いていましたが、それで残った人間関係は、名刺交換会で知り合った人でなく、実際に一緒に仕事をしたり絡んだりした人ばかり。やましたひでこさんみたいに、名刺無し生活まではまだ実現できていませんが、無駄に名刺を配らなくなりました。無駄はそぎ落とすのが1番。
ミニマリスト

【友人に送りたい】変わってしまってごめんなさいはいらない

限りあるモノを有効活用することは、人生の満足度を上げる上で不可欠です。同じ80年を、ケラケラ笑って生きる人と、どうしようもないことをうじうじ考え続ける人どちらがしあわせですか?自分で自分を苦しめて遊んで、それが趣味だと思うならいいですが、そこから抜け出したいと思っているならさっさと自分をマインドコントロールした方が早いですよ。
持たない暮らし

2泊3日の荷物と帰り道

本当のお金持ちは、旅先でゆっくりして英気を養います。貧乏人の旅は、これが最後のチャンスとばかりに、予定を詰め込み、疲れ果てて帰ってきます。同じ50万円を投資しても自分に返ってくるのは前者です。本当の旅で、リフレッシュしてください。
片づけなくていい家

貰ってしまった物は、その日の内に使い始める

自分の暮らしが裕福でお金がありあまっていると感じているのならいいのですが、お給料が安いやら、旦那のボーナスがカットされたやら、子どもの教育費がかさむなど、文句ばっかり言っているくせに、使わないものを買いこむのは何故でしょうか?ストレス発散のつもりかもしれませんが、お金の対価としてモノが手に入った瞬間にアドレナリンが出ているだけですよ?
持たない暮らし

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/埋蔵品がまだあった

来週に控えた、ネコちゃんボランティアのフリーマーケット前に、家族にも「今なら、人のお役に立てるよ~。何か出すモノはないか~。」と声をかけているここ数週間。 断捨離で絶対にやると永遠に片付かないNo.1の行動に、モノを移動するだけという...
持たない暮らし

捨てにくいモノは、差し上げる

まだ使えるコップや洋服などは、捨てにくいといったらありません。 そんなときは、人のお役に立てながら成仏させましょう。 定期的に利用する寄付先を作る モノを減らせない人の最大の特徴は、行動力がないということです...
美容

わたしたちの思う“いずれ”が結構、遠い先である事実

一度、料理中に、スパイスがなくて困ったとしても、それが永遠に続くと思い込むのはやめましょう。そういう小さな恐怖心を自分で種まきし続けると、将来、多大な不安症になる可能性が高くなります。失敗したとき、失敗したなという事実だけを見る。改善したら、それでいったん終わり!そういう風に前に進んでください。
タイトルとURLをコピーしました