スポンサーリンク
孤高に生きる

もう断捨離してもいい人間関係

天真爛漫な人、しあわせな人は、残念ながら人の傷みに鈍感です。羨ましいけど、しあわせすぎる人をあえて傍に置かず距離を取った方が自分を守れることもあります。
からだのこと

嗜好品を減らしたら、お財布とお肌に優しかった

さっさと人の意見を聞いて、さっさと試して、さっさと改善策を見つけることです。手をこまねいているだけでは、情報過多の頭でっかちになるだけで何も事態は変わりません。
からだのこと

簡単にできるデジタルデトックスで安定した暮らしを送る

デジタルは人間が使いこなしてこそ便利なモノです。デジタルに操作されてしまうようでは、心も体もどんどん蝕まれます。
片づけなくていい家

必要最低限のことだけする暮らし

何故モノは少ない方がいいのか。それは人間、365日24時間ずっと元気でやる気満々ではないからです。しんどいときに、乗り越えやすい環境づくりをすることが、人生を豊かに暮らす秘訣です。
ミニマリスト

家買うつもりでいたら、本当に買えた

夢が叶ったていで予祝としてパーティをするまでなると、かなりの想像力が必要なりますが、叶ったていで生活を送ることは特段難しいことではありません。願望が多いなら、叶ったていで生活を送る。願望通りの人生が待っています。
からだのこと

皮膚炎になって食事を見直す

食べ物、ファッション関連のモノ、キッチン用品、勉強道具、趣味のモノ、人間関係、知り合い、全てがTOO MUCH!そもそもモノや情報に溢れかえっている中で人間をしているのは、人間史上超最近のこと。遺伝子に組み込まれた情報を無視し過ぎない暮らしを目指すと、色々楽になります。
買わない生活

“今”を意識する買い物

お店側が得をするように売るのは当たり前のことです。お店側の言いなりに買い物をしていては、財布を相手に渡しているようなもの。あくまでも買うのは自分。自分の意思で買い物をできるようになりましょう。
美容

美容オタクなのに気づかずしていた間違ったスキンケア

皮膚科で処方してもらった軟膏、実は副作用があることがあります。長年1人の先生を師事していましたが、やはりセカンドオピニオンが必要なことを再確認。肌トラブル、実は思いもよらないことが原因かも。
捨てる

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/コスメの菌を捨てる

肌トラブルの元凶は、コスメ本体やブラシやスポンジかも。ほとんどの使いかけのコスメから菌が発見されたことが研究で明らかになっています。古いコスメを捨ててみることが、美肌への近道かも。
持たない暮らし

若い子のパワーと知恵をうまく貰う

わたしは中身がおばぁちゃんみたいなので、年上の方と一緒にいる方が話が合うのですが、あえて若い子を遠ざけるようにはしていません。若い子は柔軟で、自分の凝り固まった考え方を柔軟にしてくれることも多々あるから。要は、人付き合いもバランスよく!です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました