ヤフオク

スポンサーリンク
捨てる

メルカリとヤフオクとジモティの併用で、捨てる速度を上げる

あまり親しくない人以外からの贈り物を捨てられないなら、自分の心の闇を知るチャンスです。親からの押しつけ、パートナーへの遠慮、友人と無理して合わせている、なんらかの心のブロックが働いているからです。そもそもそのブロックは持ち続ける必要はあるのか?自分の人生を歩むためには、そのブロックを取り除いてみること。
片づけなくていい家

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/買い物とは?

先送り体質をやめるだけで、自由に使える時間は増えます。時間に追われている人は、理由を考えるべき。子育て?介護中?そんな時こそ、しなくていいことをどんどん見つけて減らしていってください。
捨てる

満月から新月は、捨てる前倒し

満月から新月の間は捨てる。ごみ収集日の前日は捨てる。ごみ袋がパンパンになるまで捨てる。嫌なことがあったら捨てる。嫌いな人と会ったら捨てる。自分に捨てるスケジュールをたくさん与えてあげると、家から不要・不快がどんどんなくなります。
捨てる

最近買ったモノでもいらなければ捨てる

間違ったと一瞬わかったのに、その考えに蓋をするのは、自分が失敗したことを認めたくないからかもしれません。生きていれば、失敗の連続。だって、瞬時にずっと二者択一を繰り返して生きているのですから。その2回に1回失敗したからって、大したことではありません。それより失敗をなかったことにしないこと。そこから学習すれば、正解率を上げる人生が待っています。
ミニマリスト

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/未来の自分を信じる力

自分を信じられないから、人はモノに頼ります。モノなんてなくても平気な自分になるためには、日々の積み重ねしかありません。間違った思考を一つずつ元の自分に戻してあげる。そのためには、迷ったときに捨てる訓練です。
捨てる

メルカリを利用して、簡単に自分の洋服がトレンドでないと知る

休みの間に売れるかも~と思って死守し続けてきたモノを、ちゃんと出品してみてください。そして休み明けに売れ残っているモノは、一掃しましょう。年始気持ちよくスタートを切るためにも
捨てる

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/いただきものをさっさと消費する

いただき物を放置したり、押入れの奥に突っ込んだり、賞味期限を切らしてしまうことが一番相手に失礼なことです。使える状態のうちにどなたかに差し上げて喜んでもらえるなら、真心の交換を完了できたということ。相手の気持ちに感謝して、自分が使わないモノはさくっと手放しましょう。
美容

パニックのときに買い物しない/肌美人は捨て上手

人生の矛盾に気づいたら、自分が自分でバカバカしくなってしまって、さっさと色々捨てられるようになります。部屋をきれいにしたい~と思いながらモノを買い込んだり、お肌きれいになりた~いと思いながら使用期限が過ぎたモノをお肌に塗り込んだり…。滑稽ですよね?自分の気持ちに素直に行動するだけで、汚部屋は解消、肌荒れも解決です。
捨てる

やばい客に売ってしまわないために

人のごみやガラクタはすぐに目がいきますが、自分のガラクタは宝物に見えるという習性を忘れずに、断捨離行為をしてください。いわゆるごみ屋敷に住んでいる人に、処分しましょうか?と尋ねると「そうですねぇ、せっかく集めたんですけどねぇ…。」的な回答が返ってくることが多いようです。自分のガラクタ反応センサーを切ってしまわないように気をつけましょう。
お金の話

お金持ちの考える金券や切手の換金率

古い切手や、おじいちゃんおばぁちゃんのコレクション切手、百貨店の金券などが、掃除をしているとチラホラ出てくることがあります。 わたしも家全体の断捨離に着手し始めた頃は、色々、金券ショップをぐぐって、少しでも高く買い取りをしてくれるところ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました