からだのこと

スポンサーリンク
からだのこと

将来、お金に困りたくないなら、○○だけは絶対に手入れするべし

パッと見がキレイでも、人間の目は慣れるように出来ています。本当にモテる人になりたいなら、パッと見で見えないところをケアするべし。
からだのこと

メリハリのある生活で、自分軸の暮らしを送る

休むとはただただ怠惰な生活を送ることではありません。脳がきちんと、今はおやすみモード、今は働きモードと認識できるようにすることです。空間が整っていると、考えなくても勝手に脳が今は仕事モードなのかリラックスモードなのか判断してくれるので、脳の疲弊が減ります。
からだのこと

何もかも嫌になる人は、バランスを整えよう

食べ過ぎてしまうなら、買いすぎてしまうなら、自分のズボラな性格にリンクさせて、ストップさせる法則を作ることです。寝る前にシンクをピカピカに磨くことをマストとしていたら、夜中に食べてしまったおかげで家事が増えるのが嫌でやめられたりします。
からだのこと

解放の日を設けて、お金の使い方が上手な人になる

何故頑張れないか、それは自分で自分をコントロールできていないからです。ストレスが溜まっても、上手に発散法を見つけていれば、コントロールできていることになります。芝居にも緩急が大事なように、自分の人生にも緩急が必要です。オンオフを自分でどんどん作って行くこと!
お金の話

いずれ捨てるモノにお金を払うくらいなら…

転職したいなら資格取得を。果たしてその資格本当に仕事見つけられるの?自分に必要な資格を知るには、人生計画をちゃんと練ることが先です。自己投資とは、自分の身になることが投資。身にならないならただの経験です。
からだのこと

目に毒なモノは目に入れない

人と意見が食い違うことって山のようにあります。というより、人の考えは千差万別ですから、違って当然。それを自分の思い通りにさせようとすると、非常に無駄なエネルギーを使います。そもそも、わかってもらいたい!認めてもらいたい!という気持ちは、本来自分に持つものです。自律しながら生きていかないと、「わたしに限って。」と思っていても、人の思惑にすっぽりはまり込んでしまうことも起こります。1番頼りになるのは、自分ですよ!
からだのこと

何事も続かないと悩む人へ

それ、本当に自分の願望ですか?影響を受けやすい人は、人の願望を自分のモノと勘違いして、願い続ける場合があります。あなたの結婚願望、妊活、貯金、本当にあなたの想いなのかまずは見極めてください。やみくもに欲しがるより、自分の願いを絞って、そこに集中して行動した方が願い事は叶いやすいです。
からだのこと

効果のない運動器具を捨てる

とにかく体が動いてくれないと、何事も前に進みません。今の自分の体を最大限メンテナンスしてあげる。体をメンテナンスすることが出来る人は、自分の持ち物も手入れできます。手入れを怠らないでください。
からだのこと

年末年始に疲弊しないために、限界バロメータを知る

捨てても捨てても心が疲弊するだけのときは、捨て活向きのときではありません。 一旦休憩するか、どうでもいいモノだけを捨てるようにしてください。 どうでもいいモノとは、生ごみや空のカップ麺の容器やペットボトルなどです。 躍起になってやみ...
からだのこと

時計に振り回されない余裕

無駄な生活には、余計なお金も時間もかかり、いらない脂肪まで蓄えることになります。体重が1キロ増えれば、膝にかかる負担は3キロ増えます。健康のためにも、無駄な脂肪を落とすべく、要らないモノをなくす生活を心がけた方がいいのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました