からだのこと

スポンサーリンク
からだのこと

嗜好品を減らしたら、お財布とお肌に優しかった

さっさと人の意見を聞いて、さっさと試して、さっさと改善策を見つけることです。手をこまねいているだけでは、情報過多の頭でっかちになるだけで何も事態は変わりません。
からだのこと

簡単にできるデジタルデトックスで安定した暮らしを送る

デジタルは人間が使いこなしてこそ便利なモノです。デジタルに操作されてしまうようでは、心も体もどんどん蝕まれます。
からだのこと

皮膚炎になって食事を見直す

食べ物、ファッション関連のモノ、キッチン用品、勉強道具、趣味のモノ、人間関係、知り合い、全てがTOO MUCH!そもそもモノや情報に溢れかえっている中で人間をしているのは、人間史上超最近のこと。遺伝子に組み込まれた情報を無視し過ぎない暮らしを目指すと、色々楽になります。
からだのこと

何事も成果を出すために

運動を習慣化すると、精神病になるリスクが低くなり、病院代にかかる必要が節約されます。運動を続けると、体の変化に敏感になり、病気を見逃すことがなくなります。運動を続けると、お肌の調子や内臓の調子が整えるので、基礎化粧品難民になったりドラッグストアで無駄な薬を買いこむこともなくなります。適度に動きましょう。
からだのこと

自然に痩せるミニマリスト的ライフスタイル

とにかくモノを買わそうとして、基礎化粧品も化粧水・美容液と分け過ぎだし、医療費を稼ぐために、基準血圧とか下げ過ぎです。自分の体は自分が1番よくわかるようになるためにも、体を整えることが大事。焦らずゆっくりと生活できたら、自然とダイエットも成功します。
からだのこと

やってよかった美容治療NO.1/便利をうまく取り込む

今まで膨大の量のモノを手放してきて、今思っていることが、もう2度とモノを捨てることに体力や気力や時間やお金をかけたくないってことです。
からだのこと

週1のヨガでは変わらない

サボりたいなら、勝手にサボってください。頑張っている人の足を引っ張ることは、サボっている人のわがままです。
からだのこと

似合わなくなった洋服たち

かつての自分の思ったことを思い起こせば、なりたくないおばさん像がわかるはずです。嫌いだった先輩もそのために存在したのだと思って、今の自分に活かしましょう。
からだのこと

杏、家出をするの巻き

目に見える骨折や流血をしたら、家族も心入れ替えてくれるのでしょうが、ストレスは誰の目にも見えないので、本人でさえ見過ごしてしまいがちです。ただ、今我慢して、近い将来入院するようなことになったら、自分にとっても家族にとっても、家系にとっても大損です。適度に逃げることを覚えましょう。それが、老化のメリットの1つです。年いけば悪いばかりでなく、知恵もつくのです。
からだのこと

自分のセンサーを狂わせない暮らし

人に騙されるのも、宗教団体に貢ぐのも、悪い男に引っかかるのも、嗅覚が衰えているからです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました