リサイクルショップ

捨てる

パンツはロケット鉛筆方式で収納

人の脳みそは、思ったことを事実と受け取る癖があります。絶対にできないとか絶対に無理とかネガティブなことは思わないようにした方がいいです。捨てるモノがないと、よくミニマリストのわたしに影響を受けて断捨離に挑戦した知人はよく言います。そんなわけありません。家の中に何があるか知らないからそう思うだけです。面倒くさがらずに、とりあえず1つずつ手に取って使ってみると、必ずもう卒業したものがたくさん出てきます。なんとなく置いてあるモノをなくしてください。
捨てる

MY捨てカレンダーを持っていますか?

習慣づいていれば、逆にそこにモノがあり続けることの方に違和感を覚えます。自分の家が、モノに溢れてもう視覚がおかしくなっているとまずは認めてください。ホテルや旅館へ行って心が落ち着く方なら、絶対にモノは少ない方が安らぎを覚えるはずなんです。ごみ屋敷へ行って心落ち着く人は捨てなくても構いません。きれいな空間でストレス発散できる人なら、絶対に自分の家もそうした方がいいですよ。
片づけなくていい家

完璧主義の人こそ、ミニマリストになった方が楽な理由

人に平等に与えられたものは年齢と時間です。同じ時間しか持っていないはずなので、色んなことを手に入れている人います。その人たちは、きったあなたが割いている無駄なことをしていません。どちらが、有意義な人生か。無駄を排除してください。必要無駄だけを残して。
買わない生活

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/感激したキーポルの買取価格

500円や1,000円でトレンドの洋服を買えるようになってから、人はモノを大切にしなくなりました。1つのものを代々受け継いで使うなんてもってのほかとなりましたが、実家を出て一人暮らしを始めるとき、何も買わなくても実家からの持ち出しで全て賄えるほど、みなさんはすでにたくさんのモノを持っていないでしょうか。数を減らしてこそ、自分の“好き”を選べるんですよ。
捨てる

やばい客に売ってしまわないために

人のごみやガラクタはすぐに目がいきますが、自分のガラクタは宝物に見えるという習性を忘れずに、断捨離行為をしてください。いわゆるごみ屋敷に住んでいる人に、処分しましょうか?と尋ねると「そうですねぇ、せっかく集めたんですけどねぇ…。」的な回答が返ってくることが多いようです。自分のガラクタ反応センサーを切ってしまわないように気をつけましょう。
ミニマリスト

未処理のタスクをやっつけると、スッキリライフに近づく

しなくていいことばかり毎日処理して、せねばならぬことをしていないと、なんだかモヤモヤがずっと続きます。自分の毎日の行動を書き出して、無駄な行動をしていないかチェック、そして、ずっと気になっていたことを淡々と処理していくだけで、スッキリライフに近づきます。
お金の話

もったいないと思うなら、今から使うお金に目を向けて

他人の口癖や小さな癖、結構鼻につくことってありますよね。人の振り見て我が振り直せで、自分の癖もちょっとだけ改善してみましょう。一生貧乏の人、つまりいざという時にその費用を捻出できない人は、お金の使い方に癖があるだけです。癖を見直せば、まとまった出費をポンと払えるくらいの貯金は簡単にできます。
捨てる

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/定期的に衝撃を受ける“2度と洋服は買わない!!”

人は一旦自分の所有物になると、そのモノが一気に価値が上がるようにできています。自分のクローゼットの中から、もう1度お金を払って買いたいと思う物以外はもう手放してもいいでしょう。持ち続けると、一生捨てようか捨てまいかの迷いが脳を邪魔し続けます。季節の変わり目こそ思い切ってください。
持たない暮らし

安いものを買う子はいい子?

季節の変わり目、またセールの文字が飛び込んできやすくなっています。 知人のお母さんが、娘のことを「あいつはバカだから。」と冗談半分で言ったお父さんの言葉に対して、「高いものを買わないし、散財しない経済観念がしっかりした子。」とかばって...
ミニマリスト

掃除しないから、貧乏になってるって気づいてる?

お給料日前は毎月金欠なの、無いと思って買ったら家にあったの、楽しそうに会話するのは構いませんが、その行動、一生続けるつもりでしょうか。小さなものから大きなものまで、自分の行動がもたらした結果に目を向けると、改善すべきことは山のように出てきます。慣れると、癖になるので大層に考えなくてもすぐできるようになります。
タイトルとURLをコピーしました