クローゼット

捨てる

パンツはロケット鉛筆方式で収納

人の脳みそは、思ったことを事実と受け取る癖があります。絶対にできないとか絶対に無理とかネガティブなことは思わないようにした方がいいです。捨てるモノがないと、よくミニマリストのわたしに影響を受けて断捨離に挑戦した知人はよく言います。そんなわけありません。家の中に何があるか知らないからそう思うだけです。面倒くさがらずに、とりあえず1つずつ手に取って使ってみると、必ずもう卒業したものがたくさん出てきます。なんとなく置いてあるモノをなくしてください。
持たない暮らし

ミニマリストになったら、本当の帽子好きになった

数を絞った方が全てのアイテムを使えて、かえっておしゃれな暮らしを送れます。たくさん洋服はあるけど、毎朝着る服がない病気からそろそろ本気で卒業しませんか?
片づけなくていい家

なくしたら、超快適になったパイプハンガー

お客様のお茶セットもそうですが、何も店側の作戦にひっかかって5客揃える必要はありません。購入したものも、全て使う必要はありません。ワンピースを買ってベルトが付いていたとしても、使い勝手のいいベルトをすでに持っているなら、これは使わなくても(=捨てても)問題ないのです。手にした物、すべてを取っておくという発想をまずは断捨離してください。
買わない生活

セールシーズンを前に、もう洋服を買わなくて済む方法

成金の人はブランド物を身に着けるのが大好きですが、本当のお金持ちの人は、周りから見て明らかに派手な人は少ないです。モノを持ってアピールしなくても常にお金があるので、安心して普通の恰好をしています。本当の豊かな人のおしゃれになった方が、あなたも満たされると思いませんか?
片づけなくていい家

季節の変わり目に捨てる

今している習い事をやめるとき、離婚するとき、結婚するとき、子どもが独り立ちするとき、こういう今までと何かが変わるときにこそ、捨て時です。このタイミングを逃すから、カオスな部屋になります。事態が変わるということは、目に見えて今まで使っていたモノとの関係性が変わるときです。今絶対に捨てておいた方がいいですよ。
買わない生活

買わなくても、自分らしい生活スタイルは確立できる

メニューを決められない人って、意外とすっごく多いんです。自分での決断の練習はこういう小さいことから始めましょう。人生は毎日の1秒の繰り返しです。小さな1秒を自分軸で生きることで、自分が主人公の人生を送れるのです。些細なことこそ、目を背けないで頑張って!
捨てる

捨てた物はすぐ忘れるから大丈夫!捨てて!

いつまでもグズグズしている人、とにかく捨ててみてください。環境が変わらないのは、毎日同じ潜在意識からの投げかけで同じ行動をとり続けるから。さっさと自分の習慣や考え方の癖をなおすためにも、捨ててみてください。無い環境に慣れていって、初めて事態が変わります。
捨てる

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/定期的に衝撃を受ける“2度と洋服は買わない!!”

人は一旦自分の所有物になると、そのモノが一気に価値が上がるようにできています。自分のクローゼットの中から、もう1度お金を払って買いたいと思う物以外はもう手放してもいいでしょう。持ち続けると、一生捨てようか捨てまいかの迷いが脳を邪魔し続けます。季節の変わり目こそ思い切ってください。
ミニマリスト

収納を減らすと圧迫感が減る

旦那にも子どもにもがみがみ言ってしまった、あとで落ち込む。なんてことありませんか。がみがみ言ったあとに何も思わないなら、ただあなたが相手を嫌いなだけですが、あとで落ち込むのなら、あなたの今全てがキャパシティオーバーだと知りましょう。自分の人生に余白を作るためには、どうしたらいいのか。毎日する事を減らすだけです。モノに踊らされず、自分の人生を歩んでください。
持たない暮らし

プラスチック問題を気にすると、家が片付く

環境問題に気をつけて暮らすと、自然に家の中の余計なものがなくなります。
タイトルとURLをコピーしました