生きづらさを克服

スポンサーリンク
持たない暮らし

なんでもやってみる精神が、人生を変える・前編

夢が叶う人は、その夢の実現に向かって努力を続けられる人です。そこへ体力や気力を注ぎ込めないということは、その夢自体こそ手放していいのかもしれません。短い人生の中で、どんどん夢を叶えるためには、どんどんトライを繰り返すということです。トライに踏み込めない夢は手放して、まずは、自分の本当の快適を探してみてください。
ミニマリスト

不安を煽りたいだけの人に気をつけよう

脳は結構騙されやすいので、不安にばかり注目しているとそれが当たり前になってしまいます。簡単に騙せるのですから、それを逆に使ってやりましょう。不安を手放す訓練をしてあげれば、脳はしあわせだと勘違いしていってくれます。
ミニマリスト

HSPミニマリスト的、クレーマーへの対処法

わめいている方が普通ではないのですから、そんな人相手に、大事な自分の心を動かされないでください。家にまで、嫌な人の気を持ち帰るなんて言語道断です。玄関に入る前に、嫌なコト・人の記憶は捨て去ります。モノだけでなく、コト・人も家に持ちこまないことはとっても大切です。
孤高に生きる

隣の芝生は青く見える

羨ましいなと思うことがあっても、人それぞれ、良い面と悪い面があります。おひとりさまは淋しいけれど、楽で自由です。家族がいたらいたで、大変だけど賑やかな楽しさもあります。今置かれている環境は、自分が選択を繰り返してきた結果です。人のせいにせず、自分の責任と受け取って生活すると、無駄に落ち込むことはなくなります。
からだのこと

年末年始に疲弊しないために、限界バロメータを知る

捨てても捨てても心が疲弊するだけのときは、捨て活向きのときではありません。 一旦休憩するか、どうでもいいモノだけを捨てるようにしてください。 どうでもいいモノとは、生ごみや空のカップ麺の容器やペットボトルなどです。 躍起になってやみ...
ミニマリスト

友だちが少ないと悩まなくていい/エネルギーの不思議

一瞬でも「捨てようかな。」と思ったモノは、もう手放しても大丈夫なように、少し「距離を置きたいな。」と思うなら、置いても大丈夫。スマホを捨てようかなとは思いませんよね。もう今の自分には必要ないとうすうす感づいているから、手放そうか考え始めているのです。距離置いても大丈夫。
ミニマリスト

友人(マキシマリスト)から学ぶ、人生変わる物との関係

マキシマリストでもミニマリストでも物に振り回されているかいないかってことが1番重要です。わたしみたいにモノを減らしていても、捨てるか置いておくかにこれだけ体力を使っているのもどうかと思いますし。所詮モノはモノと割り切れた人のところに、新しい風は吹いてくると思います。
ミニマリスト

ミニマリストになって変わったこと/不便を楽しんでみたい

イライラしている時間はとても無駄です。さっさと気持ちを切り替えることを学ぶことも大切ですが、その前にイライラしない仕組みを自分で作ることが大切。
ミニマリスト

人生を変えるために、今すぐやめた方がいいこと3つ

捨てなくていいモノとは、自分の本当の好きだったりやりたいことです。みなさん、本当に必要なモノをどんどん捨てて、ガラクタを溜め込んでいるんです。何故でしょう。自己分析できていないからです。それだけ、時間に追われていると本当の自分をないがしろにしてしまっていることに早く気づいて、自分を大切にしてあげてください。
ミニマリスト

若いということは謝れるということ

自分がしたことが悪かったらさっさと謝る。「自分を受け入れてくれないなら、もういらない。」では、一生愛溢れる生活は送れません。自分が間違っていたこと、そんな恥ずかしいことですか?テストを受けて、毎回100点ではなかったはず。ちょっと間違えることくらい大したことではありません。さっさと謝って、スッキリしてください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました