片づけなくていい家

片づけなくていい家

帰宅後10分は、まだ仕事中

インプットばかりでなくアウトプットが必要というのは、勉強も精神上も一緒。なら、部屋も同じです。積み重ねて積み重ねて、が今の現状です。汚れもモノも取り除いて、マイナスすることを考えて暮らしてみてください。引き算で考えるインテリア、必要です。
片づけなくていい家

秋は大掃除に最適日和

どうして、あちこちを磨くといいのでしょうか。磨いているうちに、あちこちがピカピカになるうちに、自分の心までピカピカになるからです。何だかついていないなと思う人は、まずは、自分の家を磨き倒してください。バッグ、靴、シンク、テレビ、鏡、磨いて磨いて、心までピカピカになってください。
片づけなくていい家

誰にでもできる、ミニマリストへの第一歩

自分を見失わないでください。人の脳みそは洗脳されやすいので、すぐに人に感化されてしまいます。入った会社に染まる、結婚した相手に染まる、付き合っている人に染まる、友人に染まる。そんなことをしている内に自分を見失って、わけがわからなくなるのですよ。あなたの家の一目瞭然でないところをやっつけて、自分も明確にしてください。
片づけなくていい家

収納カオスにならないために

何でも収納に頼ると、無駄な持ち物も無駄な買い物も増えます。適量は、戦後のまだモノが溢れかえっていない時代の日本人の家を想像するといいでしょう。押入れは、本来布団を入れるためのもの。押入れに、ハンガーラックを設置し、収納ケースを入れ…では持ち過ぎです。そのハンガーラックも収納ケースもタダではありませんよ。
片づけなくていい家

見てみぬふりをやめたら、家電が壊れなくなった

本来のあなたは本当は掃除の達人です。ただ、面倒臭がって、自分で気づかないふりをしたり、先延ばしにしているから、いざというときに大掃除が必要になりパニックに陥るだけなんです。本来の、本当は気づいているわたしでいてください。部屋は、あっという間にキレイになります。
片づけなくていい家

家も自分の使いやすいように

友人でもいますが、数か月ぶりに電話しても同じ不平を言い続けている人ってしあわせなんでしょうか。さっさとその問題点を深堀して、根っこを解消した方が話が早いと思うのですが…。それができない=したくないなら、現状を受け入れて淡々と生活したほうが、しあわせ度は増します。
ミニマリスト

断捨離すべきタイミングはいつ??

なんでも、溜め込むとしんどいです。夏休みの宿題と同じです。ウチ、“断捨離”しました!に出てくる家のように、溜め込んで溜め込んでからの断捨離は体力も時間もかかり、お金もかなり無駄にすることになります。1冊読み終えたら、メルカリで売る。そんな毎日を送っていたら、無駄も最小限になります。
片づけなくていい家

トイレ掃除はスクラビングバブルが効果絶大

駐車場でよく見るお弁当の食べかすやペットボトルのごみ、あれを放置するとどんどん駐車場がごみ溜めになります。家も同じことです。ガラクタがたくさんあるから、それがまたガラクタを引き寄せているのです。引き寄せるのは、しあわせだけにしましょう
片づけなくていい家

断るのって簡単/始末のいい女

簡単なことこそ、さっさと変えれば自分が楽なのに、習慣病に負けてそのままにする人がいかに多いことか。習慣化さえすれば、何もしんどいことも面倒なこともありません。
片づけなくていい家

ミニマリストが唯一、大量買いしているモノ

何か困難に立ち当たったとき、すぐにお金を出して消費で解決しようとしない方がいいです。これはモノに限らずコトガラもです。一旦自分で何とかできないか考える力が、仕事や生活に役だったりします。それこそ、山あり谷ありの人生、谷底のときに何もできない自分にならないために。
タイトルとURLをコピーしました