貰い物

スポンサーリンク
捨てる

メルカリとヤフオクとジモティの併用で、捨てる速度を上げる

あまり親しくない人以外からの贈り物を捨てられないなら、自分の心の闇を知るチャンスです。親からの押しつけ、パートナーへの遠慮、友人と無理して合わせている、なんらかの心のブロックが働いているからです。そもそもそのブロックは持ち続ける必要はあるのか?自分の人生を歩むためには、そのブロックを取り除いてみること。
持たない暮らし

今すぐできる!タダの魔力に対処する8つの行動パターン

たやすく男性を家に上げないでしょう。年齢を重ねれば重ねるほど、手に入れるのが簡単だった女ほど雑に扱われるのを知っていると思います。モノも男性と同じです。たやすく家にあがりこんできたモノは、わたしたちも大事にしません。入口の審査を厳格にする!これ、ミニマリストの鉄則です。
捨てる

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/いただきものをさっさと消費する

いただき物を放置したり、押入れの奥に突っ込んだり、賞味期限を切らしてしまうことが一番相手に失礼なことです。使える状態のうちにどなたかに差し上げて喜んでもらえるなら、真心の交換を完了できたということ。相手の気持ちに感謝して、自分が使わないモノはさくっと手放しましょう。
ミニマリスト

貰い物、管理しないと大事にしていないに等しい

男性に依存して自分の子どもを危険な目に合わせる母親と同じです。相手のことを愛しているふりをして、自分を一番甘やかしているだけ。貰い物だから捨てないと叫び続ける人たちもこの構造と同じです。大事なら、手入れ管理しないと。それをしたくないから、貰い物だからという言い訳を言い続けているだけですよ。
片づけなくていい家

貰ってしまった物は、その日の内に使い始める

自分の暮らしが裕福でお金がありあまっていると感じているのならいいのですが、お給料が安いやら、旦那のボーナスがカットされたやら、子どもの教育費がかさむなど、文句ばっかり言っているくせに、使わないものを買いこむのは何故でしょうか?ストレス発散のつもりかもしれませんが、お金の対価としてモノが手に入った瞬間にアドレナリンが出ているだけですよ?
捨てる

クローゼットから選び抜く生活

杏も若い頃は、周りの大人が「好きなものだけに囲まれて生活したいから。」と言っているのを聞いて、そんな簡単なことを目標にするなんて変なのと思っていました。しかし自分で実践するとなると、この選び抜く作業が本当に大変。神経質だと思っていたけど、結構適当に生きていたんだなと思うくらいです。自分が選ぶ作業に慣れていないと、相手に選ばれる自分、人に決めてもらう人生になります。自分が選んだ男と結婚する!そんな女性の方がかっこいいと思いませんか?
ミニマリスト

「いりません!!」が癖になった

日々の生活で、頑張って捨てていてもモノが一向に減らないという人は、減らしている以上に入ってくるモノが多いことに気づいてください。 NOということは、慣れである 日本はとにかくなんでもはいはい言っていると...
持たない暮らし

人からモノを貰って、授かり効果を実感する

何故か、使っていないのに捨てられないのは、ただただ人間が陥る心理的バイアスが原因なだけです。実際に捨ててみると、捨てた後に後悔することがないように要らないモノはじゃんじゃん捨ててしまってOKです。捨てて後悔するのは、カウンセリングが必要です。
捨てる

貰い物くらい、思い切って処分して

恩師が、香典をいくら包むか悩んでいる時点で亡き人にその想いは届いてしまっていて、そんなくらいならしない方がマシとよく言っていました。捨てたら、貰った人に悪いなと思った時点で、自分の中ではそのモノが邪魔だと思っているのです。嫌々家の中に置き続け、それを見る度に相手のことを迷惑だなと思う方が送り主に失礼です。もらったモノはじゃんじゃん使って、さっさと手放す。もしくは、使ってくれる人にまわしてください。
捨てる

熟考せず買った物は、いずれいらなくなる

クローゼットから収納ケースを出したついでに、家の中から不要な物をどんどん出している最中です。 自分のいる・いらないを判断しているうちに気づきましたが、もらった物は全部いらないと思っているようです、わたし。 こだわりを...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました