汚部屋

スポンサーリンク
生きづらさを克服

DJ松永さんに学ぶ、イライラしたら捨てる

ストレスが溜まる毎日を送っているのに、家もストレスだらけの家にするのは、自分いじめをしているようなものです。ストレスが溜まっている、嫌なことをされた、今何かと闘っているとき、という人こそ、モノに感情を乗せて捨ててください。スッキリした空間は、あなたを後押ししてくれます。
ミニマリスト

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/未来の自分を信じる力

自分を信じられないから、人はモノに頼ります。モノなんてなくても平気な自分になるためには、日々の積み重ねしかありません。間違った思考を一つずつ元の自分に戻してあげる。そのためには、迷ったときに捨てる訓練です。
ミニマリスト

石原さとみさんに学ぶ部屋の快適具合を知るために、試してほしいこと

部屋を信用するとは変な表現かもしれませんが、いつでも印鑑がすっと出てきて、どこに寝ても衛生的で、いつも自分を癒してくれる空間のことです。自分くらい、自分と自分の部屋を信用してあげてください。一生懸命働いたお金で家賃を払っているのですから。
片づけなくていい家

帰宅後10分は、まだ仕事中

インプットばかりでなくアウトプットが必要というのは、勉強も精神上も一緒。なら、部屋も同じです。積み重ねて積み重ねて、が今の現状です。汚れもモノも取り除いて、マイナスすることを考えて暮らしてみてください。引き算で考えるインテリア、必要です。
ミニマリスト

気づいたらすぐ行動!

毎朝、白湯を飲む。毎日ストレッチをする。どんどん増やして自分を追い込む必要はありませんが、これは習慣化さえされれば、いとも簡単にできることです。毎日頑張ろうではなく、毎日習慣を変えようにシフトチェンジしてみてください。
捨てる

引きっぱなしではわからなかった、カーペットの劣化

自分で管理しやすいモノを持つ。これだけで修理や手入れの時間やお金をセーブできます。つまり、あと先のことや出口を考えて買い物をするのが大切です。
ミニマリスト

嘘つきのわたしが嘘をつかないこと

学生時代、恩師に「新卒の女の子を気分良くさせたり悪くさせたりするのなんて、大人からすれば赤子の手をひねるようなもの。自分を持ちなさい。」とよく言われました。大人になって事実だったなと思い返します。逆に、取り繕ったって、バカにはばれませんが、良識ある人にはバレバレです。逆に印象が悪くなります。無駄な抵抗はやめて、正直に生きた方が色々と楽なんです。
お金の話

貯金術は、“節約<固定費のみなおし”

日用品や食材を買うたびに、1円安いスーパーをめぐるよりも毎月の支払いを見直した方が楽で簡単にお金が貯まるようになります。お金が貯まる人が絶対にしない行動を、貯められない人はしています。固定費の見直しは、自分の行動の見直しでもあります。めんどくさがらず、とにかくやってみましょう。
ミニマリスト

極端思考の人が陥る汚部屋

毒親って、要は自分に自信がなさすぎて常にパニックを起こしている人だとわたしは思っています。寛容に物事を捉える訓練が明らかに足りません。部屋を整えられる人は、感情も整えられます。モノとの対話は毎日手軽にできる座禅や瞑想と思って、トライしてみてください。
片づけなくていい家

きょうは、家中のパッケージを剥がしましょう

視覚がエラーをおこすとは、違和感や異変や異常を察知できていないということです。マスカラがだまだまなのに、マツエクがあっちいったりこっちいったりしているのに、ファンデーションがよれよれなのにそれを良しとしてメイクするから品が無くモテません。部屋も汚いのに違和感がないから放置します。それでも彼がいるって?同じようにエラーをおこした人を引き寄せているだけですよ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました