捨てる勇気

スポンサーリンク
片づけなくていい家

汚部屋への道まっしぐら/今すぐ捨てるべきモノ④

汚い家にほど掃除グッズが大量にあり、モノで溢れかえっている家ほど収納グッズが山のようにあります。このルールを知れば、1番に捨てるモノ、わかりますよね?収納ケースをまず捨てる。動かしたことのない家具の残骸、埃取りや床拭きに掃除グッズを使い切る。モノが減ったあとは、もう掃除グッズも収納グッズもないまま暮らすのです。
持たない暮らし

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/散らかる元凶を断つ

消費速度の遅いモノを持ち過ぎないことが、片づけやすい家の必須条件です。テープ、5巻き買っても最後のテープを使う頃にはズレが出てべとべとになり使い物になりません。ごみになるモノにお金を払い続ける程、わたしたちは裕福ではないはずです。
捨てる

汚部屋への道まっしぐら/今すぐ捨てるべきモノ①

家事に追われているなら、汚部屋になる道をまず断つこと。汚部屋になる道を一生懸命作るから、あっという間に部屋が散らかり、掃除に追われます。道を作るなら、キレイな部屋への道を作ってください。
捨てる

不要になった社名入り封筒の使い道

親なら全員子どものしあわせだけを願うなんて性善説唱えるつもりはありませんが、今子どもに迷惑かけている人も、死んだあとくらいは迷惑をかけずにいましょう。迷惑をかけない断捨離なんてありませんから、自分のことは自分で始末したいものです。
捨てる

思い込みって怖い

普通に生活していると、山のように思い込みを刷り込ませられます。そもそも毎日シャンプーする文化だって、1990年後頃から刷り込まれた思い込み。思い込みを手放す努力をすると、自動的にモノも手放せるようになります。
からだのこと

似合わなくなった洋服たち

かつての自分の思ったことを思い起こせば、なりたくないおばさん像がわかるはずです。嫌いだった先輩もそのために存在したのだと思って、今の自分に活かしましょう。
捨てる

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/所有物は実は1個ではない

かばんと炊飯器しか持っていないと思っていても、実は、それを買ったときの保存袋や箱、紙袋、取扱説明書など付随して持っているモノがたくさんあります。かばんと炊飯器だけなら所有物たったの2個ですが、実は、プラス4個も持っているのです。つまり数を減らしてスッキリ暮らしたいなら、この付随しているモノをさっさと手放すことです。なら、かばんと炊飯器は捨てなくてもいいのです。
捨てる

筋肉痛になるヒールを捨てて軽やかに生きる

喫煙は、百害あって一利なしとよく言われますが、執着も、百害あって一利なしです。
ミニマリストの家

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/同化してしまったモノを捨てる

散らからない部屋はありません。ただ、散らかりにくい、散らかってもすぐに元通りになる家なら実現できます。
ミニマリスト

見栄買いをやめるために

貢ぐ女、人に依存する女、なりたくないですよね?何故、そうなってしまうのか、日々、自分なんてと自分を貶めて生活しているからです。自分を少しずつ大切にできるようになたら、自分にとって負となるものを遠ざけられるようになります。自分は、自分の親友です。親友として、自分のことを応援しながら生活すると、自然と自分を俯瞰できるようになります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました