美容

スポンサーリンク
美容

美容オタクなのに気づかずしていた間違ったスキンケア

皮膚科で処方してもらった軟膏、実は副作用があることがあります。長年1人の先生を師事していましたが、やはりセカンドオピニオンが必要なことを再確認。肌トラブル、実は思いもよらないことが原因かも。
捨てる

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/コスメの菌を捨てる

肌トラブルの元凶は、コスメ本体やブラシやスポンジかも。ほとんどの使いかけのコスメから菌が発見されたことが研究で明らかになっています。古いコスメを捨ててみることが、美肌への近道かも。
持たない暮らし

若い子のパワーと知恵をうまく貰う

わたしは中身がおばぁちゃんみたいなので、年上の方と一緒にいる方が話が合うのですが、あえて若い子を遠ざけるようにはしていません。若い子は柔軟で、自分の凝り固まった考え方を柔軟にしてくれることも多々あるから。要は、人付き合いもバランスよく!です。
美容

3日で20代の肌に戻れるクリーム

インテリアと同じく、引き算です。足し続ける美容は、お肌に負担を与えるばかり。何がトラブルの原因かわからないようなほど足し算しまくっているなら、まずは引いてみることです。
美容

この夏、取り入れたモノ・手放したモノ

ずっと、本当に効くのかと躊躇していましたが、日焼け止めを買わなかった代わりに試しに買って服用し始めました。効果はテキメンです。
からだのこと

自然に痩せるミニマリスト的ライフスタイル

とにかくモノを買わそうとして、基礎化粧品も化粧水・美容液と分け過ぎだし、医療費を稼ぐために、基準血圧とか下げ過ぎです。自分の体は自分が1番よくわかるようになるためにも、体を整えることが大事。焦らずゆっくりと生活できたら、自然とダイエットも成功します。
美容

美容オタクの肌トラブル解消法

続けられる美容サービスを受けることです。続けられない、突発的な1回数万円のエステは何の意味もありません。一瞬だけキレイになるために数万円使うより、定期的にメンテナンスできる少額サービスをこまめに受ける方が効果が期待できます。インディバも続けないと意味がありませんよ。
からだのこと

将来、お金に困りたくないなら、○○だけは絶対に手入れするべし

パッと見がキレイでも、人間の目は慣れるように出来ています。本当にモテる人になりたいなら、パッと見で見えないところをケアするべし。
お金の話

自分の年収で決める持ち物量

買ったがために不幸になったこと、結構周りにあります。クレジットカードの支払いに大変な思いをしたことも、買ったがために不幸になったことの1つです。買うことをペンディングして、一旦買わないしあわせを思う存分味わってみてはいかがですか?
美容

洗いすぎない暮らしで美肌力を上げる

モテないなら、キレイになりたいなら、一番重要な清潔感を持つこと。美肌は、清潔感を漂わせるのにもってこいです。ベースが綺麗だと、塗りたくらなくてもキレイになり、引き算メイクが楽しめるようになります。こてこてが似合うのは20代前半まで。自前のモノで勝負しなければいけないオバサンはとにかく肌を整えること!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました