ミニマリスト

スポンサーリンク
お金の話

色々捨てたら、初の有効期限5年に!!

モノを色々失う(捨てる)と、余裕がうまれます。余裕がないと、人生で大切なことやものを色々失います。どっちを失った方が、自分が幸せになるのか考えてみてください。モノに囚われているのがバカらしくなりますよ。
捨てる

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/捨てるモノを探し始めたとき=モノが減る

最初のごみを出しているだけでは感じませんが、自分の執着がついているガラクタを捨てるようになると、本当に変わります。そこまでの道のりは、長いように感じますが、続けると必ず効果は表れます。継続は力なり、それだけです。
片づけなくていい家

収納カオスにならないために

何でも収納に頼ると、無駄な持ち物も無駄な買い物も増えます。適量は、戦後のまだモノが溢れかえっていない時代の日本人の家を想像するといいでしょう。押入れは、本来布団を入れるためのもの。押入れに、ハンガーラックを設置し、収納ケースを入れ…では持ち過ぎです。そのハンガーラックも収納ケースもタダではありませんよ。
買わない生活

特大サイズを買うのをやめる

必要になればまた買えば済む話を、永遠に物に執着して持ち続けていても誰も得しません。モノを大切に扱いたいなら、使う人に譲って差し上げてはいかがでしょうか。自分の心も満たされ、部屋もスッキリします。誰もが誰かの助けを借りて生きているのですから、少しばかり人にモノを譲っても問題ないでしょう。
片づけなくていい家

ミニマリストが唯一、大量買いしているモノ

何か困難に立ち当たったとき、すぐにお金を出して消費で解決しようとしない方がいいです。これはモノに限らずコトガラもです。一旦自分で何とかできないか考える力が、仕事や生活に役だったりします。それこそ、山あり谷ありの人生、谷底のときに何もできない自分にならないために。
片づけなくていい家

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/入ってきた物を徹底的に捨てる

相手に悪いからと貰い続けていたって、その人が家事をしてくれるわけでもなし、捨てる場合の業者の費用を払ってくれるわけでもありません。その人のせいで自分がこんなに大変な思いをしていると、逆に相手を嫌いになってしまう危険性もあります。初めに断る。これだけで自分の家もきれいに保て、相手ともトラブル無しで過ごせるのです。
持たない暮らし

G対策で、やめたこと

一人暮らしをしていて困るのは、一人で完結できないことをたくさん持つことです。人生を簡単に単純化するには、傾向と対策を練ることが一番手っ取り早いです。できないことがあるなら、それをしなくて済む暮らしを心がけること。それだけです。
持たない暮らし

無情にも乗せてくれなかった飛行機でサンクコストを考える

高かったから、せっかく買ったからといつまでも使わない、いわゆる不要の物を持ち続けることは、本当に物を大切にしていることになるでしょうか?それを見る度に邪魔だなと思ったり、掃除のステップが増えていたりしませんか?本当のもったいないは、今を生きていないことです。
片づけなくていい家

捨てて良かったもの

学年が上がったのに、卒業したのに、就職したのに、離職したのに、結婚したのに、離婚したのに、テレビが壊れたのに、暖房機が壊れたのに、環境が変わったのに、その時にモノを捨てないから、家がごみ箱になります。環境が変わった瞬間に過去のものを捨てていれば、断捨離祭りなんて不要なんです。
買わない生活

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/感激したキーポルの買取価格

500円や1,000円でトレンドの洋服を買えるようになってから、人はモノを大切にしなくなりました。1つのものを代々受け継いで使うなんてもってのほかとなりましたが、実家を出て一人暮らしを始めるとき、何も買わなくても実家からの持ち出しで全て賄えるほど、みなさんはすでにたくさんのモノを持っていないでしょうか。数を減らしてこそ、自分の“好き”を選べるんですよ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました