買わない生活

スポンサーリンク
からだのこと

何もかも嫌になる人は、バランスを整えよう

食べ過ぎてしまうなら、買いすぎてしまうなら、自分のズボラな性格にリンクさせて、ストップさせる法則を作ることです。寝る前にシンクをピカピカに磨くことをマストとしていたら、夜中に食べてしまったおかげで家事が増えるのが嫌でやめられたりします。
孤高に生きる

こだわりを捨てて、ないを当たり前にする

わたしは38歳ですが、お金やモノを追い求めても幸せにならないことは、親世代が実証してくれています。祖父母の代より親の代、親の代より自分の代、自分の代より、子どもの代、だんだん学習していかなければいけないと思います。自分なりの幸せを確信をもって追い求められるようになるために、まずは今の凝り固まった固定概念を外してください。
捨てる

今すぐにできる買い癖を改める3ポイント

自分の行動を変えないと、現状は絶対変わりません。一気にガラッと変えることは人間には不可能。なら、少しずつ、今の自分が持っている習慣を手放して、成功している人の行動パターンをインストールしていくこと。基本は、何かを習得するとき、真似から入ります。真似て、自分の行動パターンを変えていき、新たな習慣を身につけて下さい。
買わない生活

光熱費が安いとき、自分のお金の使い方を考えるとき

お金に強い女は、収入ー支出で残る純利益に目を向けています。支出はあったOK。必要以上に占め上げる必要もありません。ただ、純利益が残る範囲で支出することを心がけるだけです。簡単です。
買わない生活

生活クオリティを上げるための買い物とは

モノ軸を手放せば、無駄な買い物も貯金できない暮らしもガラクタだらけの部屋ともおサラバできます。モノを中心に考えていると、生活がどんどん苦しくなります。自分軸で考えると、無駄な悩みもなくなりますよ。
買わない生活

【永久保存版】ミニマリストがこの1週間で捨てた物/買うのをやめた10個のモノ

考える時間があるかないかで、大きく変わってきます。考える時間がある人は、改善されることが多くなりますが、ゼロの人はいつまで経ってもその場から動けません。お金のこと。モノのこと。寿命のこと。死後のこと。思いを巡らせて生きることが、豊かに生きることです。
お金の話

これ以上モノを増やさないための3つの心がけ

プチプラ好きな人は要注意。100均大好きな人は要注意。安いモノを買ってガラクタを増やし続けているだけですから。ガラクタを増やしても心に平穏は訪れません。いかに必要なモノをお金をかけずに手に入れるかを考えることが趣味になったら、お金の不安もなくなり、生活も丁寧になり、毎日が楽しくなります。楽しくないのは、毎日を雑に生きるからです。丁寧に暮らすと、暇がつぶれて、淡々と生きていけます。
お金の話

サブスクを見直して、丁寧に暮らす

離婚しても生活費を稼ぐ自信がない、転職する勇気がない、自分でできる気がしない。これ全てやってみたことがないからできないだけです。苦手だと思っていることでも、やってみると思いのほかできたりするものです。自分で自分をどんどん追い込んで、どんどんできない人間にしないことです。まずは、「自分はできる!」と脳を騙すことです。
買わない生活

急いで買わないためのチェックポイント6つ

捨てて人生を変える。そのためには、買うのをストップしないと、家の総重量はいつまで経っても変わりません。買わない暮らしをなぜ進めるのか。モノが減るだけでなく、モノを大事にするようになって生活の質があがり、貯金が進むのでお金持ち体質になれるからです。モノが少ないと、家事が楽になり家族との時間が増えます。八つ当たりも減ります。良い事尽くしなんです。
買わない生活

100均もシャネルのバッグも同じ買い物

貯金も断捨離も簡単です。モノを買わなければ済む話です。買ってしまう?買えない仕組みを作って下さい。ネットショップのアカウントを削除したり、お出かけの際に財布やクレジットカードを持たなければ、ちょこちょこ買いを防げます。「さ、きょうは○○を買うぞ。」と出かけるときにお金を持参すればいいだけです。財布を持っているから、駅から自宅までのコンビニに酔ってしまうのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました