捨てる

捨てる

失敗したとき、捨てる

なんでこんなにわたしはネガティブなんだろうと自分を責めなくていいです。嫌な記憶ほど強く残るのは、わたしたち人間の脳みその作り上みんな同じなんです。それをちゃんと過去のこととして片をつけ慣れているかつけ慣れていないかだけ。これを知れば、あとは片をつけ慣れれば済む話ですよね。もうあなたはポジティブですよ!
捨てる

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/捨てるモノを探し始めたとき=モノが減る

最初のごみを出しているだけでは感じませんが、自分の執着がついているガラクタを捨てるようになると、本当に変わります。そこまでの道のりは、長いように感じますが、続けると必ず効果は表れます。継続は力なり、それだけです。
捨てる

洋服を捨てる基準?勝手に作るだけ!

捨てられないモノを自分で自覚することで、セルフカウンセリングすることになります。手あたり次第、何でも捨てられないと言うなら、全てのことに行動力がなく計画性がないということです。自分の持ち物を見つめて、自分と向き合う方が、部屋の片付けだけでなく、自分の人生も整理がつきスッキリするものです。
捨てる

自分が嫌な空間を持つ

わたしは、このどうせを使って前向きに生きています。どうせ生きなきゃいけないなら、やり過ごせる方法を見つけよう。どうせ嫌いな人とつき合わないといけないなら、クスッと笑える方法で対処しよう。小さなクスッが自分の人生を救ってくれるものです。
捨てる

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/今年もあと少し

今年もあと3か月を切りました。 江原啓之さんの好きな言葉で「ぼやぼや生きてたら、あっという間に死んでしまう。」という言葉があるのですが、確かにぼやぼやしていたら、死ぬまで汚部屋、もしくは死蔵品と埋蔵品だらけになりそうです。 これを読...
ミニマリスト

ミニマリスト的、入院する家族の送り出し方

相手の意向に沿い過ぎるのはよくありませんが、あまりにも人の迷惑を考えないのも考えもの。一匹狼だからと開き直って、周りと行動を合わせないのなら、一生ひとりだけで行動するべきです。
捨てる

捨てないのは、妄想か願望か理想か見極めて!

自分の過去、過去の人、過去の栄光、未来への不安、嫉妬、妬み、自分の誇示、そんなもののために自分が抱えて持ち過ぎているモノをしっかりと見つめましょう。そして、なんと自分は言い訳がましいヤツなんだと笑い飛ばすことができれば、前に進めます。
捨てる

ミニマリストがこの1週間で捨てた物/開かずの間にはごみだらけ

思い込み、さっさと手放してください。保管せねばならぬは、基本ただのごみです。置いておかなければいけないものを厳選するだけで、あなたの部屋は見違えるように輝き出します。
捨てる

パンツはロケット鉛筆方式で収納

人の脳みそは、思ったことを事実と受け取る癖があります。絶対にできないとか絶対に無理とかネガティブなことは思わないようにした方がいいです。捨てるモノがないと、よくミニマリストのわたしに影響を受けて断捨離に挑戦した知人はよく言います。そんなわけありません。家の中に何があるか知らないからそう思うだけです。面倒くさがらずに、とりあえず1つずつ手に取って使ってみると、必ずもう卒業したものがたくさん出てきます。なんとなく置いてあるモノをなくしてください。
捨てる

引きっぱなしではわからなかった、カーペットの劣化

自分で管理しやすいモノを持つ。これだけで修理や手入れの時間やお金をセーブできます。つまり、あと先のことや出口を考えて買い物をするのが大切です。
タイトルとURLをコピーしました