自分を大切に扱う

スポンサーリンク
生きづらさを克服

DJ松永さんに学ぶ、イライラしたら捨てる

ストレスが溜まる毎日を送っているのに、家もストレスだらけの家にするのは、自分いじめをしているようなものです。ストレスが溜まっている、嫌なことをされた、今何かと闘っているとき、という人こそ、モノに感情を乗せて捨ててください。スッキリした空間は、あなたを後押ししてくれます。
ミニマリスト

想い出はモノが無くてもなくならない

遺品整理しない。置いておかなければいけないからという、自分に都合のいい言い訳をしているだけではありませんか?相手のことを本当に思うなら、早くこの世への未練や執着を手放して、あの世で魂の修行を頑張れるように応援しなくてはいけません。その応援は、自分の胸が痛む作業です。相手のことを本当に思うなら、あなたがすべきことは放置ではなく、手助けのための物の手放しです。
ミニマリスト

褒めて~とお願いする

布団カバーを装着するときなど、誰かに手伝ってもらうと「あぁ、なんて2人ですると楽なんだ。」と思いますが、実生活では、基本1人でした方が早いことの方が多いと知りましょう。意見が食い違うこともありませんし、自分のペースで物事を進められるからです。夫は自分が動かすくらいのつもりで、あてにしないほうが自分のストレスが軽減されます。
美容

自分へのご褒美は人の力を借りて、消えてなくなることをする

美容サロンは、ホットペッパービューティ経由でしか予約しません。 美容院 カラー専門店 ネイル まつ毛パーマ マッサージ 最近は、色んな肌断食や美容断捨離で、行くことも減りましたが 12月は、行きまくりまし...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました