自分の時間

スポンサーリンク
片づけなくていい家

かご1つで今日にでも解決できる、部屋スッキリ法

散らかされたらその都度リセットです。リセットは、何もお母さん1人でする必要はありません。各自に返すことがリセット。散らかってきたら、家族のモノは家族へお返しし、お母さんはリビングのリセットに取りかかってください。何事も分担。当たり前です。
ミニマリスト

安請け合いしていない?都合の良くない女になる。

「忙しい、忙しい。」という人多いですが、何がそんなに忙しいのでしょうか? 言うことで充実アピールなんでしょうか? わたしも起きている間はずっとバタバタしていますが、忙しいと感じたことはありません。 仕事も2つしていますし、管理する家...
ミニマリスト

自分の命日を決めてみた

死をイメージせずに生きる人とは、目標を持たずになんとなく生きてしまう人です。そんな人が、ある日突然亡くなったりすると、この世に未練や執着だらけになります。ある程度、道筋を自分で決めておくと、未練や執着もうまく手放せるようになります。
ミニマリスト

イライラは伝染する

わたしもそうですが、怒られないかビクビク育った感覚が未だに抜けません。人といるより、一人でいる方が落ち着くのもそのためです。顔色を伺う必要はないと頭ではわかっても、体に染みついて取れないのです。自分が先に天国へ帰り、子どもはその後も生きていかなければいけないのに、そんな不自由を与えないでください。
片づけなくていい家

ミニマリストがこの1週間に捨てた物/捨てるモノがなくなってきた

自分も含めです。忙しいと言い続ける人は、自分の生活スタイルを改善していない証拠です。つまり自分を省みない、そして自分を変えないという人です。時間がないなら、時間があるようにするだけです。山口百恵さんが、三浦友和さんが仕事が減った時に「30万なら30万円の、10万円なら10万円の生活をするだけです。」と言い、収入が減ることへの恐怖心を払しょくさせた話は有名な話です。ジタバタすることなんて、ありません。ドンと落ち着いていってください。
持たない暮らし

時間貧乏の人は試すべき、デジタルデトックスの効果

週末だけデジタルデトックス生活も早2か月目です。 週末、Wi-Fiやめてみた わたしがWi-Fiを手放すことで、家族の携帯料金も安くなり 現在1人4,500円をキープできています。 挑戦は少しずつ、でも絶対続ける ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました